色んなタイプの進学塾

今や子供たちが進学ために進学塾の存在は、日常生活から欠かせない物となりました。
かつては学校でしっかり学べば志望校に合格できたものですが、今では学校側が授業に着いていけないなら塾に行ってくださいと言う学校もあるくらいです。
そのため、今は学校で学ぶ意味が問われているほどでして、進学塾の役割はこれから一層大きくなると言われています。
しかし、同じ進学塾でも今はバリエーションが大変多く、バブル時代まで非常にメジャーだった大人数講義型の進学塾は今ではそれほど人気がありません。

どちらかというと、子供が気兼ねなく学習できるような少人数にこだわった進学塾が市場のメインとなっていまして、かつてのように子供や保護者目線を重視して運営されていることも多いのが今の進学塾の現状だと言えます。
それでも現在は、子供の性格やレベルに合った教え方を行う進学塾や現在は急速にその人気が高まっている家庭教師などより密接に生徒と接するタイプの方が多くなっているでしょう。

かつて、教える側と教えられる側には決して変えることが出来ない上下関係が存在していました。
ところが、現在は子供に良く教えきれない教師は学校側からも失格とされるようになり、教師と生徒と言う関係が大幅に崩壊する傾向にあります。
これにより、現在は教える側も生徒のレベルに合わせて歩み寄らなければならず、このことが現在の進学塾間の勢力構図に大きく影響していると言えるのです。